【卸・仕入れ】ネット販売の商品をお探しなら「グッズステーション」にお任せください!|法人・個人様お取引対応◎

トップページ

「Amazonブランド登録」をして“効率よく”販売をしよう!

「Amazonブランド登録」をして“効率よく”販売をしよう!

Amazon Brand Registry

Amazonブランド登録のすすめ。Amazonで本格的に成果を上げたい人は全員はじめてます。

知っている人は、もう動き出しています。

商品の出品後、次々と現れる低価格の類似品や相乗り出品者。
価格競争に巻き込まれ、商品が売れなくなってしまった。

そんなお悩みを解決してAmazonからさらなる恩恵を存分に受けられる方法があったら誰でも知りたいはずです。
今、Amazonで成功への階段を上っているセラーが次々とブランド登録をしています。

「面倒だから…」「難しそう…」「費用が気になる…」などの理由で諦めていませんか?
ブランド登録をすると何が起こるのか、ご説明いたします。

Amazonブランド登録は良いこと尽くめ!

「商品名にブランド名を掲載して転換率アップ」「相乗り業者を排除してカートを独占」「Amazonストアページを作成して顧客を囲い込む」「スポンサーブランド広告機能の開放」「【大注目ポイント】Amazon vine先取プログラムへ参加して最大30件のレビューを獲得」 「商品名にブランド名を掲載して転換率アップ」「相乗り業者を排除してカートを独占」「Amazonストアページを作成して顧客を囲い込む」「スポンサーブランド広告機能の開放」「【大注目ポイント】Amazon vine先取プログラムへ参加して最大30件のレビューを獲得」

Amazonでブランド登録するメリットとブランド登録の方法

メリット①
商品ページにブランド名掲載で転換率大幅アップ

商品ページにブランド名が掲載できるようになり、「ノーブランド」品から「ブランド」品としてエンドユーザーにアピールできるようになります。
ブランドの記載があることで、運営している会社や団体があることをエンドユーザーに伝えられるので、商品の質や買った後のサポートに自然と信頼感が生まれます。
ブランド名は多くの類似商品の中からより良い商品を買おうと思ったときの目印として、サムネイルの次に重要視されているのです。

商品名にブランド名が記載された商品たちの画像

ブランド登録がされていない商品では相乗り出品者との価格競争に巻き込まれ価格を下げざるを得ないこともありますが、商品名にブランドの記載があるだけでも相乗り出品者に対する充分な抑止力になるのです。

メリット②
相乗り業者の排除

Amazonにブランド登録をしていると、相乗り業者の排除が今まで以上にスムーズになります。
単にカタログに相乗りされただけでは簡単には排除することができませんが、相乗り出品者が「勝手にブランド名やロゴを使っている」となれば「知的財産権の侵害を申告」のページから申告することができるようになるのです。
権利侵害が認められると、24時間程度(早ければ1時間程度)で侵害品が削除され、場合によっては侵害品の出品者のアカウントが停止します。

使いやすい侵害通報ツール

Amazonブランド登録のシステムにログインすると、「権利侵害を申告する」というフォームが使用できます。
このフォームではAmazonの商品名やASINを検索することで、まとめて商標権侵害を申告できます。

申告するには、商標権を取得している必要があります。(出願係属中は申告することができません)

Amazonに権利侵害を申告するページのスクリーンショット

商標権の侵害が認められると、通常24時間以内(早ければ1時間程度)で侵害品は削除され、場合によっては侵害品の出品者にアカウント停止などのペナルティが課されます。

商品カタログの編集権限をロック

Amazonで新商品を出品しようとして商品カタログを作った場合に、他人が相乗りしてくることがあります。その前段階で、Amazonブランド登録を行った人にのみ編集権限が付与されるというメリットがあります。

「編集権限のロック」が行われると、相乗り出品者には商品ページの編集ができなくなるので、勝手に商品説明を書き替えられたり、商品のサイズ・仕様・セット内容などを書き換えられることがなくなります。

このロック機能はセラーセントラルにおける商品カタログ作成時にあらかじめブランド登録しておいた商標名を入力することで、効果を発揮します。

AIによる自動プロテクション

『AIによる自動プロテクション』とは、侵害品がAmazon販売ページに掲載される前の自動ブロック機能であり、ブランド登録を行うことで自動的に働き出します。

どの程度自動プロテクションが行われたどうかは権利者側が知ることができないのですが、権利侵害の申告を行うことでAIが侵害品の特徴を学習し、効果的に機能しだすとされています。

効果が見えにくい機能ですが、人気ブランドで模倣品が出てきた場合、頼れるガードマンとして活躍してくれるでしょう。

ブランド登録をした後、商標権者はAIの学習データに模倣品を申告することが可能になり、Amazonはマーケティング上の特典「使いやすい削除申請ツール」を提供する

メリット③
「Amazonストアページ」の提供

「Amazonストアページ」とは、Amazon内で自分のブランド専用ページを作成し、自分のストアとして公開することができる機能です。

Amazon公式もこのストアページ機能を推しており、告知ページではいくつかのブランドによるストア制作例が掲載されています。

ストアページの参考画像

自分自身のAmazonストアを作成するメリットの第一は、Amazon内で「独自のブランドURL」が取得できることです。URLをTwitter、Facebookなどの自身のSNSで告知すれば、「ストア自体への顧客の囲いこみ」が図れます。

ストアページを作成するとあなただけのストアページのULRが発行されます。

Stores ~ブランドストアをAmazon.co.jpに作成しましょう~ (Amazon公式)より

もともと、「Amazonストアページ」はAmazonマーケティングサービス(AMS)の顧客に提供されているサービスなのですが、商標をブランド登録することで、AMSに登録していない出品者であってもセラーセントラルに「Amazonストア」機能が表示され、利用可能となります。

ストア作成は無料。あらかじめテンプレートも用意されており、画像や動画を貼ることもできます。ストア作成の手順は、以下の公式ページをご参照ください。

ストア – Amazon.comでブランドページを作成する(Amazon公式)

メリット④
スポンサーブランド広告機能の開放

どの検索結果よりも最上位に広告が表示されます。

「スポンサーブランド広告」は、Amazon内でユーザーが商品を特定のキーワードで検索した際に、上部に表示される広告です。クリック課金制なのと、あらかじめ作っておいた自分のAmazonストアやランディングページに誘導できるのが特徴です。

もう1つの「スポンサーディスプレイ広告」は、閲覧者ターゲティングや商品ターゲティングを利用し、Amazon内でも外でも、商品に関心が高いと見込まれるユーザーを狙い撃ちして表示できる広告です。

こちらもクリック課金制なのと、自社商品と関連性が高いAmazonの商品ページ(多くはライバル商品ページ)にも広告が表示されるので、顧客を自分の商品に誘導することが可能なのが魅力です。

広告プランの選択肢が広がれば、より自分の商品に合ったプロモーションを打つことができるでしょう。

スポンサーブランド広告 – ブランドの認知度を高めるのに役立つ(Amazon公式)
スポンサーディスプレイ広告 – ディスプレイ広告キャンペーンを作成する(Amazon公式)

メリット⑤
Amazon vine 先取プログラムへの参加

こちらは Amazonにブランド登録する最大のメリットと言っても過言ではありません。
通常のレビューを30件集めようと思ったら莫大な広告費と長い年月を要する可能性がありますが、Amazon vine 先取プログラムでは登録手数料とVineメンバーへ配布する商品代だけで短期間で最大30件のレビューが集まるのです。

レビューを書いてくれるVineメンバーは、Amazonで良質なレビューを書き続け、Amazonから直接メンバーに招待されたユーザーたちです。
Vineメンバーは実際に商品を利用した素直な意見を書いてくれるので、Vineメンバーからのレビューは他のエンドユーザーの購買意欲にも大きく影響します。

Vineメンバーによるレビューの参考画像

Vineメンバーからのレビューは画像のようにユーザー名の横に「Vineメンバー」と記載されます。
良い意見と合わせて購入する際の参考になるような素直な意見も書かれております。

現在のネットショップユーザーは「サクラチェッカー」など不正なレビューを見抜くツールを利用するほど、商品だけでなくレビューにも不信感を持って商品ページを確認しています。
VineメンバーのレビューはAmazonが認める正当なレビューですのでユーザーからの信頼度が高く、最も購入に繋がりやすいレビューと言えるでしょう。
それが短期間で最大30件も獲得できる「Amazon vine 先取プログラム」は、今後のショップ運営では欠かせない重要なものになるでしょう。

Amazonでブランド登録するには?

商標を取得している必要があります。

商標とは?

商標とは事業者が自己の取り扱う商品やサービスを、他者のものと区別するために使用するマークのことです。(企業の顔となるロゴマークやキャラクターなど)
「自己が取り扱う商品やサービス」+「マークやネーミング」などを財産として守るために「商標権」という知的財産権があります。

商標を登録しているとAmazonにブランド登録しやすくなり、商品を登録するごとに申請するといった手間も省けます。

商標を登録するには?

ご自身で商標を取得するのが難しいという人も多いと思います。
弊社のお客様の多くが専門の業者に依頼して商標を取得していますが、場合にっては半年~1年以上かけて取得される方がいらっしゃいます。
専門の業者を通してもこんなにも時間がかかることがあるのです。

Amazonブランド登録のまとめ

ブランド登録のメリットの多さは一目瞭然ですが、ブランド登録するまでの道のりは初心者にはまだまだ茨の道であるという事実がございます。

【2022年】商標をお持ちでなかったお客様が、最短一か月半でブランド登録まで完了した例がございます。
私どもは、その事例を是非とも皆様にご活用いただき、効率よく商品を販売していただきたいと考えております。

まだブランド登録がお済でないお客様は、お問い合わせフォームから「ブランド登録について」お問い合わせください。
商標登録からAmazonへのブランド登録までの最短ルートを私どもがお教えいたします。

ブランド登録及び商標登録に関するお問い合わせは無料の会員登録が必要となりますのでご注意ください。


グッズステーション

「グッズステーション」はネットショップ運営店様や個人様に向けた輸入商品・国内商品・オリジナル商品の仕入れ卸サイトになります。

"世界の工場"である中国の上海に物流倉庫を確保し、トレンドに準じて売れ筋商品の輸入から新製品の開発までご対応。

\商品や仕入れ価格を今すぐチェック/

無料会員登録はこちら

Youtube:【公式】Amazon販売特化の卸サイト グッズステーション ご紹介PV

おかげさまでグッズステーションは日本トレンドリサーチで3冠を達成しました おかげさまでグッズステーションは日本トレンドリサーチで3冠を達成しました
お支払い方法
支払い方法

クレジットカード/銀行振込/コンビニ支払い/キャリア決済/Pay-easyがご利用可能です。

商品の送料について

全国一律 送料無料
 
一部地域(離島/沖縄を除く)

※お届け先が離島・沖縄の場合はお問い合わせください。

※ご注文商品によりお届けか個数が多くなる場合がございます。


商品の発送について

即納商品

ご注文後に発送前検品を行い原則3営業日での発送をいたします。
また、「商品ページ作成サービス」をご希望のお客様に関しましては、都度担当よりご連絡いたします。

仕入商品

各商品ページ内に入荷日の目安記載がございますので、ご参照の上ご注文をお願いいたします。
海外より仕入れを行う商品に関してはお届けまでに一部お時間を要する場合がございますのであらかじめご了承くださいませ。

営業日カレンダー
202211
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

※休日のお問い合わせは翌営業日の対応となります。

カテゴリ一覧